© 2017-2020 Kaze-Breeze managed by HASTA Chiromancy Research Institutes All Right Reserved

Follow Us
  • White Facebook Icon
  • White Twitter
  • White Google+ Icon
  • White Instagram Icon

Managed by

一般社団法人HASTA手相学研究所

110-0016 東京都台東区台東4-2-4 勝部ビル102

  TEL 03-5812-4947  FAX 03-5812-4424

  e-mail  info@hasta-tesou.com

  URL     http://hasta-tesou.com

​Orange Ribbon    子ども虐待防止オレンジリボン運動

運営団体である一般社団法人HASTA手相学研究所は

​オレンジリボン運動の賛助団体です

オレンジリボン運動とは

オレンジリボン活動とは、特定非営利活動法人児童虐待防止全国ネットワークが運営する「子どもの虐待のない社会の実現」を目指す市民運動です。オレンジリボンは、そのシンボルマークであり、オレンジ色は子ども達の明るい未来を表しているそうです。

 

「虐待」と聞くと眉をひそめるような行為を連想するかもしれません。

児童虐待という言葉は、英語でchild maltreatment(チャイルド・マルトリートメント)と表現されることがあるそうです。マルトリートメントとは、「不適切な関わり」という意味です。

 

詳しい情報は、特定非営利活動法人児童虐待防止全国ネットワークホームページをご参照下さい。(http://www.orangeribbon.jp)

母と子のこころケアステーションのオレンジリボン運動への取り組み

我が子の寝顔を観て「ごめんね」と涙した経験はありませんか?

 

 

子育ては、一人の人間を育成していく大きな仕事です。そしてそれを担う家族は、初めての事ばかり。

楽しい事もたくさんありますが、問題にぶつかったり、どうしたらよいのか解決策を見つけられず、悩む日々を過ごす事もあるでしょう。

そんなとき、ついつい我が子に手を挙げてしまう事があるかもしれません。

 

  • 思ったように育児が進まない

  • 他の子よりも発育が遅いような気がする

  • 子どもが言う事を聞いてくれない

  • 泣き止んでくれない

  • 幼稚園や学校に言ってくれない

 

愛情を持って懸命に育児をしていても、気持ちにゆとりが持てず、イライラしてしまう事もあるでしょう。

 

母と子のこころケアステーションでは、「ママの笑顔が子どもたちの笑顔を創る」をコンセプトに、お子さんの行動の「なぜ」をお伝えし、育児の悩みを家族みんなで考え、解決することで、つい我が子に大きな声で怒鳴ったり、手を挙げてしまう瞬間がなくなるようサポートします。

 

行動にはかならず原因となる「こころ」があります。

 

まだ上手にじぶんの「こころ」を伝える語彙がない子ども達の本当の気持ちを、HASTA®という手からこころを知る手法で、オレンジリボン活動に寄与してまいります。

 

子育てで困っていること、迷っていることをひとつ一つ一緒に解決していきましょう。

募金活動

オフィスの「飲み物コーナー」に赤いポストの貯金箱を設置しています。

珈琲やお茶などをお飲み頂いたみなさまのお気持ちを年に一回、オレンジリボン運動の募金として団体に寄付しております。

​オフィスにお越しの際は、ご協力頂けますと幸いです。