top of page
  • 執筆者の写真寺島みさお

新刊 すごい手相学〜手と脳はつながっている〜

2022年9月15日 寺島みさお著”すごい手相学”が発刊されました。

全国書店・Amazonなどネット書店で発売中!


Amazon ベストセラー!2023年5月5刷決定!


知能線が下向きな人は感覚的思考の右脳型。まっすぐな人は論理的思考の左脳型。

感情線が短い人は自分の思いを内に秘めて行動する人。感情線が長い人は、自分の思いを言わずにいられない人。

なぜ、そう言い切れるのでしょうか? 手と脳はつながっていて、あなたの脳の性質が手相にあらわれているからです。

手相といえば恋愛運、金運などの運勢を見るものだと思われていますが、実はあなたの脳的気質を診断するものなのです。

また、手相は思考が変わるにつれて変化します。思考が前向きなのか、後ろ向きなのか、あなたのその時の考え方によって手相も変わっていくのです。

つまり手相とは今の自分の弱点と強みを浮き彫りにします。

感覚的な右脳型なのに、論理的な思考の左脳型に向いている経理事務などの仕事についていないでしょうか? 

人とのコミュニケーションが苦手な性質なのに、接客の仕事についていないでしょうか?

手相は本当の「自分の取扱説明書」であり「自分の生き方マニュアル」です。

また、本書では、生き方が変わると手にあらわれる線や、指や手のひらの形による性格の違いについても説明しています。

5000人以上の手相のデータと、手相の変化を追いかけ続けて研究した本は他に類を見ません。

自分の個性を最大限に活かせる手の読み方が書かれた1冊です。


 

オールカラー&実際の手の写真を使ってわかりやすく手の読み方を解説!


第一章には、ダウン症の楽人くんの成長を手の変化で裏付ける解説。

また、手が意識(脳の働き)で変化する事例も多数掲載されています。


閲覧数:1回0件のコメント
bottom of page